涼コラム

前谷涼子

Body make studio Sprittr(スプリット)代表 理学療法士

執筆者紹介はこちらから


 

【迷いながら前を向く】

こんにちは! 

Body make studio Sprittr 代表トレーナー

前谷涼子(まえたにりょうこ)

と申します。

私は鳥取県で“スプリット”という

名前でインソール工房とプライベート

フィットネスジムを営みながらスポーツ

トレーナーとしても活動しています。



まず早速ですが、このメルマガを書くに

あたり私が思ったことを伝えていきたい

と思います。



タイトルにもありますように

誰しも決断を迷うことがあります。

今回私にあったことは、

何を書こうかと考えるとなかなか

筆が進まない、ということでした。

考えすぎとも言われるかもしれません。

その他、今までにはっきりしない自分、

判断が遅い自分がいて、自己嫌悪も

多々経験しました。



ですが最近、そういうものなのだと

気付きました。今まで生きている中で

決断をする時、迷ったことがない人は

いないと思います。



例えば、

飲み物を選ぶ時

友人へのプレゼントを選ぶ時

何をしようかなと考えをめぐらす時

程度はそれぞれですが。誰しも迷って

います。その中から一つなり、二つなり

答えを見つけて行動に移す。

その繰り返しで、意志を決め、

自分のことが分かっていく。



迷いが少なくなったり決断が速くなる

ことで、今まで気付かなかった自分や

新しい物事に出会えます

。

『答えを出すまで考え抜く!』



まずは日常生活の些細なことから

自分自身から、考えてみてください。







 


【考え抜いた先に見えるもの】

前回は、答えが出るま考え抜くことを

私の行住坐臥の一つとしてお伝えしました。


 
考えるという誰しもが気にせずにしてい

ることを、当たり前にしていることを言

葉にして口に出す。それも気付きであっ

たり、続けていると行住坐臥と言えます

 
 
迷いやすかった私が考え抜くことをし

始めた先に見えたもの、どのように変わ

ったか。行動、思考、時間、様々な面で

変化を感じます。チーム指導やプレゼン

を行う時に自分の中に余裕が生まれ、

焦らなくなりました。


 
行動してみれば、このくらいの時間や

作業量でできたのかと気付くこともあり

ました。似たようなことがあったなと、

過去を振り返り、未来の参考になります
 
また、一日の流れがスムーズだったり、

タイミングよく信号が変わったり、なん

となく心地よい出来事が増えました。



そして何より、自分へのストレスが

無くなりました。
 

 
人との出会いが増え、仕事が入り、顔見

知りの人が声を掛けてくれる。物事の入

れ替わりや繋がりを感じるようになる。
 
何となく上手くいかない毎日、つまらな

い時間、好きじゃない自分が変わった。
 
考え抜くことはたった一つのきっかけ。



その先に見えるものは個人で違うはず。

息抜きに自分の景色を探してみて下さい。

 


 

【Try&Errorで自分の弱さに勝つ方法】

私はスポーツトレーナーとして

バスケットボール、ソフトテニス、カヌー、

陸上、野球など競技問わず関わっていますが、

自分自身もバスケットボールを競技とし

て続けています。



私は以前、1つ上手くいかないことがあ

るとパフォーマンスが崩れやすかったり

何に対して感じているのか分からない

プレッシャーを自分で勝手に抱え、ミス

をすることがありました。



競技をしている中で、

・試合になると上手くいかない

・実力が発揮できない

・周りとかみ合わない

・焦ってミスをする

このような思いをしたことはありません

か?



上手くいかないことが繰り返される

練習でも、ゲーム中でも、

何とかしたい

でもどうしていいか分からない、

という選手がいたら、次の方法を試して

みて下さい。自分の思考から、弱さを

強さに変えていく方法。



それは、

≪自分で何をするか決めて、行動する≫

ことです。



良くない時、どうにかしたい時、

なんでこうなるのだろうと原因を追究

するのではなく、やる事を変えます。



例えば、

・フリースローが入らない

→膝をしっかり曲げる

ではなく、シュート前に屈伸する。



・パスがもらえない

→声を出す

ではなく、フェイントを入れる



といった様に、行動を変えます。

もちろん自分以外の周りの人からもらっ

たアドバイスを参考にしたらいいです。



大事なのは自分で決めることで、自分で

考え抜いて答えを出すから練習や試合の

時にも覚えているし、経験として蓄積さ

れていきます。



上手くいかなかったら次を考える。

自分の中の弱さと向き合い、何か行動し

経験を作る。それがTry&Errorと言える

と思います。ぜひ試してみて下さい。
TOPへ